JOY BASICとは…

ごあいさつ

 我が国日本の近現代史を振り返ると、我々の先達は、第2次世界大戦を糧に、戦後復興のために、日本人の精神性と長所を活かし、高度経済成長を遂げ、ものづくり日本を確立し、輸出大国となり世界をリードする経済大国へと発展しました。しかし、平成に入りバブル崩壊とリーマン・ショックという大打撃を受け、私が社会人になった時は、輸出は伸び悩み、不景気という時代でした。その高度経済成長時代とバブル好景気時代を知らない我々世代は、人口減少と少子高齢化問題を目の当たりにし、目標が明確にない長い暗黒時代を20年以上もがき苦しみながら生きてきました。

 その中で1点の明るい兆しが訪れました。2020年東京オリンピック・パラリンピック開催決定の知らせです。その契機を切り口とした新たなる国策、観光立国の確立という目標を掲げると、徐々に日本全体に元気が戻ってきている事を体感できます。その元気の原動力こそが日本人の底力であり、その底力の熱源には「よろこび」が必要不可欠であり、その基を多く創っていかなければならないと考え弊社を創業に至りました。また、その環境を整え、地方から元気になるために、女性の仕事環境や障害児問題、労働力対策、外国人の受け入れ環境と労働力の補填等民間でやるべき課題は山ほどあることに気付きました。

 弊社の社名「JOYBASIC」は、企業理念「あらゆるよろこびの基に繋ぐ代表企業を目指す」から表現されています。社会のあらゆるモノ、コトの全てに対し、「よろこびの基」の創造を目指したいというビジョンをもって創業時より事業展開しております。全社員一丸となり、光り輝き、よろこびと活気が溢れる地方創生・日本再生の原動力となるように、また地域社会の「よろこびの基」を創造し続ける地域の代表企業を目指して参ります。

株式会社JOYBASIC
代表取締役 下田 悦基

会社沿革

観光事業部の店舗開店
・観光事業部 1号店しらす漁船…2013年11月1日OPEN。
・観光事業部 2号店しらす漁船みなと店…2014年5月1日OPEN。
・観光事業部 2号店しらす→伊助全面リニューアル…2015年5月25日OPEN。

・組織変更役員追加、2016年3月18日飲食事業部を観光事業部に変更とし、福祉事業部を新設。

・観光事業部 3号店離れ伊助…2016年4月16日OPEN。

・2016年5月31日、経営革新計画承認企業認定

・福祉事業部 JOYヴィレッジ小田原校開業…2016年6月23日

・福祉事業部 JOYヴィレッジ第2小田原校開業…2017年11月1日

・観光事業部 しらす漁船閉店…2018年5月31日

・観光事業部 城町cafe OPEN…2018年8月5日

会社名 株式会社 JOY BASIC(英語表記 JOY BASHIC Inc.)
住所 〒250-0011 神奈川県小田原市栄町1-14-48  ジャンボーナックビル7F
TEL:0465-23-2294㈹ FAX:0465-23-7091
事業内容 飲食店運営
飲食店コンサルタント事業
施設運営コンサルタント事業
設立 平成25年10月15日
資本金 300万円